愛カノ

同棲彼女がお届けする恋愛・美容メディア

同棲の悩み

同棲したい!親の許可を快くもらうために、伝えるべき5つのこと

更新日:

同棲相手とは結婚前提に付き合っている

「今付き合ってる彼氏と同棲しようと思う」

先日、自分の親に同棲の報告をしてきました。

話を切り出したときは驚かれましたが、事前に彼氏と伝えることを決めておいたおかげでスムーズに許可をもらうことができました。

今回は、親に同棲の報告をする前に「伝えるべきこと」を5つご紹介いたします。

共通するポイントは「親に心配をかけさせない」です。大切に育ててきた子どもが旅たっていくのが不安なのは当たり前。

  • 相手がちゃんとした人であること
  • 真剣に付き合っているということ

ここを話を通じて伝えることが大切です。

親になんて言おうか迷っている方は、ぜひこれからご紹介する5つのことを頭に入れておいてください。スムーズに許可をもらえる可能性が高くなるハズですよ!

それではさっそく見ていきましょう。

付き合いが長いということ

同棲相手とは長い付き合いである

そもそも同棲相手について親は何も知らない状況なので、普通に心配します。

  • 騙されてるんじゃないか?
  • 変な人じゃないか?

なので最初に「ずっと付き合っている彼氏と同棲しようと思う」のように、同棲したい相手とは長い付き合いだよということを伝えます。

そうすれば少なくとも「ノリで言っているわけじゃない」と親もわかってくれます。

もし付き合いが短かったとしても、知り合った期間を含めてみたり、とにかく長い間一緒にいることを伝えてみてください。

同棲する彼氏・彼女の名前や出身、家族構成など

同棲相手のプロフィール

先ほども述べたように、親はまだ同棲相手のことを知らない状況です。基本的なプロフィールを伝えましょう。

私が親に聞かれたことは下記のことでした。

  • 名前
  • 生年月日
  • 年齢
  • 出身
  • 今住んでるところ
  • 兄弟(家族)

私の彼は一人暮らしの経験があったので、そのことを親が知ると「ちゃんと引っ越しの面倒見てもらいな」って言ってくれました。思わぬところで信用されるものですね……!

年齢については、私と彼は1歳差。年が近い点は親的にも高ポイントだったようで、「1つ上だよ」と伝えたら反応は良かったです。

もし相手の学歴が高ければ、出身大学や出身高校を伝えると好感度がアップします。高学歴であるというだけでも親は安心してくれました。

同棲する彼氏・彼女の仕事のこと

同棲相手の仕事

仕事をしている場合、会社の大きさに関わらず必ず伝えたほうが良いです。しっかり働いているというだけでも親は安心します。

私の彼は有名企業ではありませんし、親も名前は知りませんでしたが、会社名を伝えただけでも反応は良かったです。

働いているという事実が大切。どんどん伝えてください。「しっかりしてる人」という印象を持ってもらえます。

ここは私と彼が事前に話し合ったときも必ず伝えようと決めた点で、結果的に大成功でした。余談ですが、仕事関係で彼のインタビュー記事があったので見せました。笑

結婚前提のお付き合いをしてるということ

同棲相手とは結婚前提に付き合っている

私はここまで伝えはしませんでしたが、「真剣な交際なのかどうか」聞かれたときに「結婚するつもり」と答えられるように用意はしていました。

もし結婚について未定の場合は、少しでも良いのでお互いに話し合っておいたほうが絶対良いです。

今でこそ時代は変わってきていますが、「結婚前に一緒に暮らすなんて許せない!」って考えの家庭は一定数あると思っています。私も自分の家はもしかしたらこんな考えかもしれない!と思って彼氏と真剣に話し合いました。

聞くのは怖いかもしれません。が、「ちゃんと真剣に考えてるよ」ってわかったほうが、自分も安心ですよね。

私の彼は普段は真面目に答えてくれないのですが(涙)「もしかしたら結婚しなきゃダメって言われるかもしれない。うち、結構厳しいんだよね。」って伝えたら、真剣にこう答えてくれました。

準備はしすぎなくらいがちょうど良いかもしれません。これを機会にぜひ将来のことも考えてみてください!

直接挨拶をしたいということ

同棲相手を紹介したい

直接相手を紹介することができたら親も安心します。

一通り同棲をしたいと伝えたあとに、「直接紹介したいんだ」って伝えたら良いですよ。

私は実家が遠かったこともあり、引っ越ししたら親が見にくるかもしれないということでこちらから挨拶に行くことにはなりませんでした。

しかし「直接挨拶に行きたい気持ちがあるよ!」と伝えることは真剣さのアピールにもなりますし、たとえ距離が遠くても伝えることは大切です。

おわりに:伝えるべきことを伝えてスムーズな同棲報告を

同棲報告をする際に、伝えるべき5つのことをご紹介しました。

  1. 付き合いが長いということ
  2. 同棲する彼氏・彼女の名前や出身、家族構成など
  3. 同棲する彼氏・彼女の仕事のこと
  4. 結婚前提のお付き合いをしてるということ
  5. 直接挨拶をしたいということ

全てに共通するポイントは「親に心配をかけさせない」「親の心配点を取り除いてあげる」という点です。

事前に「自分の両親が心配しそうなこと」を思い浮かべ、それを打ち消すようなことを伝えられればスムーズに許可はもらえます。

私たちカップルが考えた心配点と解決策は下記の2点。

  • 怪しい人じゃないか心配される→しっかりした人だということを伝える
  • 真剣な付き合いなのか、騙されてないか心配される→結婚前提だということを伝える

この具体的な内容が、今まで紹介してきた5つのことでした。

いざ同棲報告するぞ!と勇気を出しても、許可をもらえないと悲しいですよね。事前に恋人と伝えることを話し合って、しっかり準備して報告してください◎

あなたの同棲報告が上手くいけば、私も嬉しいです。Good Luck!

おすすめ関連記事

あなたにおすすめ

まるでInstagram?コスメの最新情報や口コミがみれるおすすめのアプリ! 1

デパコスのような高い化粧品を買うときはもちろん、ドラッグストアでプチプラな化粧品を買うときも「口コミ」って気になりますよね。 私もいつも商品名で検索して@コスメの口コミを見たり、Instagramでハ ...

-同棲の悩み

Copyright© 愛カノ , 2019 All Rights Reserved.